忍者ブログ

s2ch

「コメントできないニュース」にコメントするサイト

【映画】悪人(東宝、電通ほか)

【映画】悪人(東宝、電通ほか)
1 :ムネオヘアーρ ★:2010/09/10(金) 20:16:52 0
「悪」の根源 問い続け

 悪人は一体誰か、と問い続ける旅のような映画。出会い系サイトで知り合ったOLの佳乃(満島ひかり)を殺した土木作業員の祐一(妻夫木(つまぶき)聡=写真右)は、本当に悪人なのか。

 長崎に住む祐一が、佐賀の紳士服量販店で働く光代(深津絵里=同左)と出会い、やがて佳乃殺害に至る経緯が明らかになるまで、全編のほぼ3分の2を費やす。祐一と光代の絶望的な逃亡劇が始まるのはそれからだが、実は、この序盤と中盤が素晴らしい。

 さびれた漁村で生まれ育ち、恋人もなく、車だけが趣味の祐一。やはり、生まれ育った町を離れられず、わびしいアパートと退屈な職場を行き来するだけの光代。緩慢な空気が流れる地方都市の空間と、変化の乏しい日常の細部を描くことで、2人の閉塞(へいそく)感を伝えることに成功している。

 祐一は根っからの悪人ではないのではないか。実際、佳乃と彼女が一方的にほれた大学生(岡田将生)の痴話げんかが事件を引き起こしたのだが、謎解きが進むにつれ、その思いは強くなっていく。むしろ、北九州の風土が、彼を悪人たらしめたのではないか。そう思わせるほど、濃密な描写が続く。緊張のとぎれない李相日(りさんいる)監督の演出は堂々たるものだ。

 理容室を営む佳乃の父(柄本明)の憎しみと執念。詐欺にひっかかる祐一の祖母(樹木希林)の哀れと気概。大切な人のために必死な彼らの姿は、同じような生き方を始めた祐一と光代に重なり、映画のテーマがより深められた。

 ただ、終盤の逃亡劇はやや情緒に流れた感がある。音楽の多用とスローモーションの劇的効果は大きいが、少々過剰だ。主人公たちが逃げ込む灯台で祐一が取る行動は、吉田修一の原作通り。捨て身のアクションに及んだ心理は、そこまでの描写で十分理解できる。だから、原作にはない、直後の2人の手の動きとラストシーンの描写は、説明しすぎでは。

 李監督と脚本も書いた吉田が、小説との違いに触れ、「なんか恥ずかしくなってくるんですよ、説明的な文章を書くことが」と発言している。この感想は過剰な印象と関係あるように思える。

 深津と妻夫木は、いつもと違う役柄に挑み、熱演といっていい。特に、モントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞した、深津は新境地だろう。2時間19分。TOHOシネマズみゆき座など。(近藤孝)

(2010年9月10日??読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/creview/20100910-OYT8T00649.htm

3 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2010/09/10(金) 20:18:54 0
何で日本で公開してない映画が外国で賞とかとったりするわけ?
長年の疑問というかおかしいと思う。
俺の言うこと間違ってるか?


4 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2010/09/10(金) 20:20:32 0
またチョン電通の、チョン監督か


7 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2010/09/10(金) 20:26:03 0
電通が悪なのは日本で超有名。


   他の悪がかすんで見える。


10 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2010/09/10(金) 21:16:44 0
つうか、人殺し賛美映画とかどんだけ


11 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2010/09/10(金) 21:33:03 0
電通がある限り、日本から超一流のアーティストは輩出されないだろうな。


18 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2010/09/11(土) 01:37:37 0
>>11 yes
カネのためらなら歯に衣きせる商業主義追求とアートは本来一致しない。

東宝って東京宝塚だろ、墜ちたもんだな。


15 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2010/09/10(金) 22:48:22 0
この小説ってさ人を殺した奴(謝って殺したのではなく意図的に殺した)以外をクズ人間(特に殺された女は酷い)で埋め尽くして
、さてこの殺人犯は悪人と思えますか?って問いかけてるだけなんだけど、それって何かおかしくないか?
別に法律で裁かれてる奴は悪いから裁かれてるってわけじゃないだろ。


16 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2010/09/11(土) 00:44:13 0
>>15
だから、こんな作品が賞をとらず
深津の演技力だけが認められたってとこで納得だよね





悪人(下) (朝日文庫)
悪人(下) (朝日文庫)吉田 修一

おすすめ平均
stars作り話に騙されすぎ
starsここ最近でいちばん!
stars悲恋
stars終盤への盛り上げ方が秀逸。深く考えながら静かに落涙。
starsだれもが「悪人」であるし、だれもが「悪人」ではない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



blog comments powered by Disqus
雑誌 タレント写真集 Kindleコミック


検索

リンク



PR

QRコード

NHKニュース 新着


携帯サイト